Los Angelesに行って来ました

そう。

なんとも浮かれたタイトルですが

初のLos Angelesに行って来ました!!

今回は、様々なアーティスト、様々なブランドが一堂に集まって行われる

ComplexCon

というEventに行く事が第一目的だったのですが、

もうね

これだけまず言わせて。

LA最高!!

ここ最近、Miami,Canada,LAと立て続けに行って来たんですが、LAが群を抜いて最高でした!!

Miamiの時もCanadaの時もちょっとNYが恋しくなったというか、あの刺激の中に帰りたいと思ったのですが、今回の旅は恋しくなるどころか、帰り際少し寂しかった…(笑)

何が良いのって?

まず一つ目は

LAに住む人々!!

どんだけ素晴らしいかと言うと、LAに着いてまずPharmacyに向かったのですが、そこで店員さんが笑顔で出迎えてくれるというまさかの衝撃的な出来事が起こりました。

そんなん当たり前じゃん。

そう思った方。

うん。

全然当たり前じゃない。

NYでDeli(コンビニみたいなもの)やPharmacy,McDonald’s,要はTIPがかからないような場所に行って店員さんの笑顔を見れるのは結構レア。

どのぐらいレアかと言うと、モンストなどの携帯ゲームで課金なしで立て続けにレアカードを引くぐらいの確率。

小銭を出そうとモタモタしようもんなら平気で舌打ちとかしてきますからね(笑)

先日TAXIに乗った際なんか、運転手が

『Shit,Shit,Shit』ってず〜〜〜〜〜〜〜〜と呟いてたんで、あまりに気になって『どうしたの?』と聞いてみると、あたかも俺が悪い様な言い方で

『さっきまでその場所(僕の行き先)に居たのにまたお前を送るのに戻らなきゃいけない』

ですって。

いやちょっと待て。

だから?

100歩譲ってそう思う事は許す

ただそれをShitという分かりやすい言葉で表現するな。

ましてや俺の前で。

結局、運転手が俺に何を伝えたかったのは謎のままですが、こんな事が日常茶飯事なNY。

違う州、違う国に行く度にNYはイカれてるな〜って再確認する事が出来ます…

話が脱線しかけましたが、とにかにNYの人々と比べるとLAの人々は(僕が出会った)人柄が少し暖かいというか、トゲトゲしてなく、なんか柔らかい気がしました。

街の雰囲気、人々の雰囲気が、あの

絶妙にいい感じのゆるい空気

を作り出してるんだろうなと。

あ、もちろん気候も。

そして二つ目はとにかく空が綺麗。

これは正直言葉じゃ言い表せません。

飛行機でLA付近に突入した時からなんか空の雰囲気が変わったような気がしたんですよね。

それまでずっと機内で曲整理をしていて、ふと窓の外を見ると永遠に続く青い空と雲の景色。

そしてその時かかっていたKygo/Kids In Loveが景色と絶妙にマッチして感動のあまりウルっと来てしまう始末。

景色を見てあんなにも本気で美しいと思い感動したのは今回が初めてかも…

僕のInstagramに写真もPostしているので良かったら見てみて下さい↓↓

https://www.instagram.com/rayz_ro/

とにかく

本当に美しかった!!!!

LAに行く機会があったらぜひ空を眺めながらビーチでぼ〜っとしてみて下さい。

不思議と飽きないから(笑)

そして三つ目は

。。

。。。

特に思い浮かばない。。。(笑)

ま、この二つの理由で行く価値は十分アリでしょ(笑)

とにかく今回のLAの旅、本当に最高でした!!!!

ただやっぱり、街が臭くて、汚くて、ゴミゴミセカセカしてて、ホームレスの方が1ブロック毎にいて、イカれた人も沢山いるNYが

僕は大好きです。

こんな感じで今回は綺麗に〆させて頂きます。

ComplexConの話はどこにいったんやーって思った方、LAの人々と触れ合う事や、LAの美しい空に比べたら大した事でもないんで書きません。

そう。

面倒くさいだけです(笑)

気になった方は来年行かれてみて下さい(笑)

PS:VIPチケットは必ず買うように。じゃないと何も買えません。

あ、最後に帰りの機内での話をサクッとさせて下さい!!

帰りはLos AngelesからDalas行きの便に乗り、一度Dalasで乗り継いでのNew Yorkだったのですが、その機内での出来事を。

僕は窓際の席で、横がコリアン(多分)の女性、その横が英語の話せない中国人のおじちゃんだったのですが、その方が中国語とゼスチャーを交えて横の女性に必死に何かを伝えようとしていました。

もちろんその女性は分かるはずもなく少し困っていたのですが、結構しつこく、結構必死だったんで、彼女も僕も本気で

彼は何を伝えたいんだろー

と気になっていたところ、彼がおもむろにGoogle翻訳のマイクをオンにし中国語でマイクに向かって何か話始めたんですよね。

最初から使えよ。と思いながらも、遂に何を伝えたかったのか分かる瞬間が来た!!と僕のワクワクは最高潮に

そしてGoogle翻訳のあのロボット調の英語が機内に響き渡ったのです。

I Want to go to Dalas.

さすがに吹いた(笑)

あの約10分間はソレ!?!?みたいな(笑)
まずそんなに必死に伝える事でもないし、なにより嫌でも今から行くからね(笑)

彼がDalasを満喫できている事を心から祈ります。

では。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
RAYZ-RO

RAYZ-RO

目の前の好奇心を大切にDJとして走り続けて15年、現在はO-1 Visaを取得しプロフェッショナルDJとしてアメリカの地で活動中。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。